ホピ山はいつも笑ってる

君の笑顔がたくさん見たいから。ぼく書くよ!ブログ書くよ!!

家の鍵を無くした話 1

f:id:hohohoppi:20190327013604p:image

 

みなさん こんばんは ホピ山です

 

さっそくですが…

家の鍵をなくしました

 

 

はい。喋りますよ

今日は吐き出しますよ

 

聞いてください

 

 

無くした鍵ってのが、自分が住んでる家の鍵だけでなく、実家の鍵も合わせてなくしたんですよ

 

もうね、困りますね

帰る場所がなくなったわけですから

 

入れなかったらないのと一緒ですもん

最後の砦だった実家まで燃やされた気分です

 

 

どんなシチュエーションで無くしたと思います?

 

あ、クイズなんてしませんよ

今は僕が喋るターンなんで✋

 

深夜のレイトショーで映画を観に行く途中だったんですよ

 

コードギアス。

総集編を1.5倍にして見る〜みたいなことをワクワクしながら記事にして書いてたアレですよ

 

誰も見てないアレ

hohohoppi.hatenablog.com

 

 

わざわざ2時間以上かかる総集編を3部見て、満を持して終電でレイトショーを観に行くっていうその途中ですよ

 

 

乗り換えの途中、JRのホームで…

 

いつも鳴るはずの鍵のジャラジャラ音がないことに気づいたんですよね

 

え?

今「うわ、いい年こいて腰に鍵つけてんのかよ笑」って思いました?

 

 

 

こればかりは否定できません

 

でもアイデンティティなんですよ

もうこれはアイデンティティ

 

 

 

そう、あれは大学の頃でした

 

いつも通り遅刻して授業に乗り込もうとしてたらラインが来たんですよ

 

「お前すぐそこおるやろ?」って

 

どうやらお腰に付けた鍵のジャラジャラ音で部屋中の人が僕が来ることを気づいてたらしいんですよね

 

桃太郎もびっくりですよ

おれも腰にきびだんごつけときゃ鍵無くさなくてよかったのに、ほんと

 

それ以来遠くで鍵の音がしたらぼくがいるってのが通説のようになってしまいまして、結果アイデンティティになったんですよ

 

すみませんね、どうでもいい話

 

 

けど、そのアイデンティティを社会人になっても保っていたのに、ひょんなことから無くしちゃったんですよ

 

もう生きていけないです

自分が何者かわからなくなったんで

 

大袈裟なって思います?それは勘違いですよ

例えばデブの人が朝起きて痩せてたらどう思うと思います?

 

 

たぶん喜びますね

 

ミスりました、この例えは忘れてください

 

 

まぁ、とにかくホームで鍵無くしたの気づいたんですよ

 

でも取り帰ろうにも、終電で家を出たので家に帰ることはもう不可能なんですよね

 

果たしてどうするか…

 

タクシーで帰って、あるかもわからない鍵をまだ暗い闇の中で探すか…

 

まぁ、迷いましたよ

そもそもどこで落としたのかもわからないですからね

 

だから迷った末、行きましたよ

 

映画に。

 

行ったんですよ、映画に

 

見たかったですもん

日中、ゴールデンタイムを潰してまで復習したんで引き返す手はなかったです

 

んで映画見終わって、そろそろ始発も動いてる頃って時間になってから行きましたよ

 

 

満喫に。

 

いや、帰らんのかいってツッコミ聞こえてきそうです

 

帰らないんですよ、ここまできたら行くところまで行くしかねえだろって事で満喫に12時間いましたよ

 

いや〜ナルト面白かったなぁ〜

 

 

そんなこんなで帰路に着く頃思い出したんですよね

 

「あ、おれ鍵ねえじゃん」って。

 

幸運なことに朝まで彼女がいたんで家は開けたままにしてもらったんですけど、今後どうやって生きていくかって路頭に迷いますよね

 

鍵を無くしただけに(笑)

 

 

いや、笑い事じゃないんですけどね(怒

 

 

勢い余って長々とこんなに書いたんですけど、実は本当に言いたいことにはまだ何も触れられてないんですよ

 

なんで次の記事で書きたいと思います

 

とりあえず、みなさん鍵無くさないようにした方がいいですよ

 

鍵甘く見てる人多いと思いますが、なめない方がいいですよ

 

あいつ居なくなるとシンプルに死ぬんで

 

ではまた。