暇つぶしにはモッテコイ!!

通勤通学の途中に片手間で読めるタメになりそうでナラナイブログです

イキリ大学生のセックスアピールと

先日飲んでたら近くのカウンターで大学生と思える男女2人組が飲んでた。

 

男の子は自分で染めたであろう茶色の髪をがちがちに固めて、ティンバーランドのブーツを履いている。

大学1年生くらいだろうか、世の中に怖いものなどなさそうな、向かってくるものすべてをぶっ潰してやるぜ!みたいな勢いを感じる。

 

 

最初に言っておくと、ぼくはこの人たちを嫌っているわけではない。

むしろもう戻れない大学生という時代にうらやましさを感じ、嫉妬している方が近い。

だからこそ、この嫉妬を言葉に込めたいと思う。

 

 

男の子は一言でいうとイキっていた。

うん、あいつはイキっていた。(嫉妬

 

 

相手の女の子は全身黒でライダースを着て、かっこよさを追求している感じだ。

高さのあるヒールを履いて、ライダースを肩掛けし、長い前髪をセクシーに垂らしている。

「いい女感」を匂わせるように首を傾かせて男の子の話を聞いている。

 

 

年齢は男の子と同じくらいだろうか。まだまだあどけなさの残る感じ...

そうこいつもイキっていたのだ。(嫉妬

 

ただ、この子には強く言えない。

僕はこういう人が好きだ。

 

普通に好き。何なら付き合いたい。

 

 

そんな2人はたぶん付き合ってはいないのだろう。

でも手を絡ませてイチャイチャしてる。

 

たぶんこの後はどっちかの家に行って楽しむんだろうな

いや、その前に2軒目行くのかな。

毎日が夏休みみたいなもんだしな。

 

さんざん心の中で馬鹿にしてたのに、2人が店を出た後、

僕の心には穴が開いたような気がした。

 

結局羨ましかったのだろう。

大学生という怖いもの知らずな無敵感...

その無敵感を盾に全力でできるセックスアピール...

翌日の講義など気にせず朝まで楽しめる自由...

 

あぁ純粋にうらやましい...戻れるなら戻りたい...

そんなことを思いながら、

 

 

 

とりあえず1回抜いといた。

 

今日も僕のセックスアピールは空を切る。